医療機器一覧

~ 眼科診療所、クリニックの開業をご検討されていらっしゃる方へ ~

お探しの眼科医療機器を分類別・メーカー別に検索することが出来ます。

製品情報 : 光学式眼軸長測定装置 OA-2000

取り扱い会社 : 株式会社トーメーコーポレーション

製品名
光学式眼軸長測定装置 OA-2000
概要
あたらしい白内障術前検査装置のカタチ

●高速測定と高い組織深達度の測定方式として、フーリエドメイン方式を採用。水晶体混濁においても、自動的に測定可能部位を検出するサーチ機能を搭載しています。
●角膜曲率半径を測定するためのリングコーンは、TMSで用いているものを白内障術前検査用に専用設計。角膜の直径5.5mmまで撮影し、一般的なケラトメーターの3.0mmはもちろん、2.5mm、2.0mm(R=8.0mm)位置も同時測定します。
●トポグラフィーは、LASIK術後眼や、角膜不正乱視の確認および眼内手術前後の角膜形状変化の観察に有用です。白内障手術においては、トーリック眼内レンズ挿入予定軸をサポートする機能を搭載しています。
●眼軸長値、角膜曲率半径値、角膜厚み、レンズ厚み、前房深度値、瞳孔径、角膜径の最大7種類の測定データをワンショットで短時間測定します。データ取得後のIOLパワー計算、術後データの保存、A定数の最適化、統計機能など、白内障術前検査から術後の管理まで、この一台で行うことができます。

【主な仕様】
眼軸長:14~40mm
前房深度:1.5~7.0mm
水晶体厚:0.5~6.0mm
角膜厚:200~1200μm
角膜曲率半径(φ3mm/φ2.5mm):5.0~11.0mm
瞳孔径測定:1.5~13.0mm
角膜径測定:7~16mm
電源・消費電力:AC100V/50/60Hz/110VA
寸法・重量:300(W)×490(D)×450(H)mm/24kg