医療機器一覧

~ 眼科診療所、クリニックの開業をご検討されていらっしゃる方へ ~

お探しの眼科医療機器を分類別・メーカー別に検索することが出来ます。

製品情報 : 前眼部形状解析装置TMS-5

取り扱い会社 : 株式会社トーメーコーポレーション

製品名
前眼部形状解析装置TMS-5
概要
TMSシリーズ最上位器種。角膜前後面の形状と前眼部断面画像の評価がこの1台で行えます。

●角膜にマイヤーリングを投影して角膜前面形状解析を行う従来TMSの機能に加え、スリット光を回転照射させて前眼部断面画像(シャインプルーク画像)を撮影する機能を搭載。両モード測定を行うことで角膜前後面形状解析が可能になりました。
●測定部に被検眼を覆うコーンを使用するため、明室での測定が可能です。
*検査室の環境により付属の遮光フードが必要になる場合があります。
●リングトポモードでは、1枚0.5秒で片眼最大4枚の画像を取得します。
●スリットモードでは、0.5秒で32枚のシャインプルーク画像を取得します。
●従来解析が困難であった高度の不正乱視眼でも、リングトポデータにシャインプルーク画像データを補完すること(マージ)で、崩れたリングトポデータなどの解析ミスを低減させた「角膜前面マージマップ」を提供します。
●円錐角膜スクリーニング機能、不正乱視を定量化するフーリエ解析機能の他、角膜前面マージマップ、角膜後面マップ、角膜前後面エレベーションマップ、パキメトリーマップ、リアルパワーマップ、ACDマップの作成が可能です。
●シャインプルーク画像では、前眼部観察の他、前房深度計測(ACD)、角膜厚計測(CCT)が可能です。
●従来器TMS-2Windows、TMS-2N、TMS-4、TMS-4Advanceのデータを取り込み、マップ表示が可能です。

【主な仕様】
測定範囲:リングトポ/5.5〜10.0mm
シャインプルーク画像/13.6mm(幅)
測定ポイント数:リングトポ/最大6,400/7,300(25本/31本)
          シャインプルーク画像/最大40,960(640ポイント×64画像)
測定時間:リングトポ/1画像0.5秒(片眼最大4画像)
       シャインプルーク画像/32画像0.5秒、64画像1.0秒
画像取得:オート/マニュアル
電源・消費電力:AC100V/50/60Hz/110VA
寸法・重量:268(W)×513(D)×505(H)mm/19kg
記憶装置:CD-RWドライブ、外付けHDドライブ
データ出力:USBコネクター、LANコネクター