眼科医療機器の販売促進に繋がる医療機関も対象とした平成29年度税制優遇措置説明会を実施します。(中小企業等経営強化法に係る税制措置 眼科2団体合同説明会)

中小企業等経営強化法に伴う税制優遇措置が開始されます。
本制度は、医療機器の購入を検討されている医療機関など(中小規模の事業者)に対しても適用となります。
皆様ご承知の「高額医療機器の特別償却制度」に加えて、医療施設の業務の効率化に寄与する指定の医療機器を購入した場合に税額控除などが適用となる制度が実施されます。医療機器メーカーは、効率改善の医療機器であることを工業会に申請しておけば、医療機関が指定の医療機器を購入後、工業会に申請し証明書の発行を受け制度の適用を受けるというのが制度の概要です。眼科医療機器については日本医用光学機器工業会が証明書を発行する団体に認定されました。

下記日程で日本医用光学機器工業会主催の眼科2団体向け説明会を実施します。
本制度を医療機関などにご紹介しご活用いただくことで医療機器の販売促進につなげることができるだけでなく医療機関などの経営に貢献することもできますので、この機会に是非説明会にご参加いただき、指定機器の登録、制度の医療機関への周知、活用促進いただきますようよろしくお願い致します。

参加申込は直接、日本医用光学機器工業会にお願いします。

日時:平成29年4月26日(水) 14:00~16:00
場所:機械振興会館 地下3 階 研修室2

参加費:無料
申込方法:下記の案内状をご確認ください。
     ※各社参加者の枠がなくなりました。
申込期限:平成29年4月21日(金)まで


申込受付は終了いたしました 
参加申込書

FacebookTwitterGoogle+PrintFriendlyShare